ひまわりの里紹介

障害者の数は全国的にも増加の一途をたどっています。この地域においても障害者のための施設のニーズが高まるばかりです。少なからず本施設はその一翼を担うべく、創設されました。
主に、農業を中心にした作業を取り入れ、季節に応じた作物づくりを行い、それぞれの障害者に対応した作業分担をつくり、無理のない生産活動をしています。その中で、障害者が訓練を通して、より高度な技能を身につけるべく本施設のスタッフが、いろいろな情報を共有し、日々研鑽を積み、お互いの連携のもとに的確な指導をしています。

 

ArrowArrow

Slider

 

今後は地域における知的、身体、精神に障害のある方が本施設を利用でき、

それぞれの障害者が充実した日常生活を送り、やがては社会的に自立し、将来の夢や希望を語れるような環境作りに努力をしてまいる所存です。