メルマガVol.689、「品種登録」

農業においても、知的財産権は非常に重要なものです。
農業においては、品種登録制度で、保護されます。
しかし、日本の農業は、これまで鎖国状態にあったので、知的財産権に対する意識は希薄でした。
結果として、国際競争の世界では、周回遅れという感じになっています。
ここにきて、日本も輸出促進するようになり、また諸外国においてもグローバル化が進行するにつれ、その遅れが改めて浮き彫りになってきました。
弊社でも、大手種苗メーカーさんと常にコンタクトをとりながら、グローバルビジネスの戦略戦術を検討しています。
好むと好まざるとにかかわらず、国内農業も、国際競争にさらされることになりました。

 

メルマガVol.689、「品種登録」