メルマガVol.712、「地方創生は?」

「地方創生」が叫ばれて3年を過ぎた。
予想通り、最近はすっかりトーンダウンしてきた。
やはり、地方創生は難しいと。
そもそも話題にするのも止めておこうと。
石破元地方創生大臣からは、大河ドラマではあるまいし、毎年キャッチコピーが変わる政府はいかがなものか、という発言も。

地方創生は、支持率稼ぎのキャッチコピーでも、ファッションでもなく、真に取り組まなければいけない重要なテーマだ。
しかし、このままでは、現政権の崩壊とともに、また自然消滅になってしまいそうだ。

地方創生が極めて重要であることは、言うまでもない。
勿論、簡単ではないことも、百も承知。
それでも、不可避だと考えざるを得ない、大きなきっかけのひとつは、夕張市の財政破綻。
10年前に事実上破綻した夕張市のその後は、極めて深刻な状況になっている。
しかし、それは夕張市だけの問題ではない。
日本中にある、およそ1700の地方自治体にとって、決して他人事ではない。
もはや、一般論も政府の方針も関係なく。
いま手を緩めることなく、各地に応じた、地方創生をやり遂げなければならない。

メルマガVol.712、「地方創生は?」