メルマガVol.732、「魚介類」

日本人の魚離れは、もはや普通のことになってしまいました。
2005年まではずっと、日本は魚介類消費量世界1位。
それが、2006年には韓国、2010年にはノルウエーに追い越され、現在3位。
今後は、4位の中国にも抜かれる見込。

世界的に、健康食品として人気上昇中の魚介類が、日本ではどんどん減少とは。
食べなくなった理由は、骨があって面倒くさい、ゴミがでるから嫌だ、そもそも焼き方も調理の仕方もわからない、或いは肉のほうが良いとか。
まったく理由にもならない理由で、現代病と言わざるを得ません。

メルマガVol.732、「魚介類」