2017年7月7日「食と農と脳」のテーマで篠浦塾を開催しました。

冒頭篠浦先生から
篠浦塾の具体的な活動についての説明を頂きました。

1、会員向けにいい治療法(統合医療、食、体、心からの病気の予防および西洋医療と組み合わせた治療法)に関するセミナーを展開。実践を通じてさらにいい情報にする。これらの情報を伝え実践する志の高い集団を作る。

2、いい医師、部門に関してはまだまだ不完全な情報なので、最初は癌限定で必要がある人(篠浦宿患者会)に条件付きで提供。受診後評価し(脳から評価)より情報の精度を上げ、次の患者のプラスになるようにする。

篠浦先生からは活動内容と共に患者サイドにおける情報の把握、理解を進めていきたい。患者ニーズからの医療を提供する為にも患者の役に立つ情報を発信しながら自分で納得した治療を受ける事が大切という事で解説頂きました。

7月7日(金)「食と農と脳」のテーマで篠浦塾を開催

児玉先生から「食」について

食養内科を長年実践されていた児玉先生からは慢性疾患で難病を抱えた患者を多数見ている中で、病気には様々なファクターがある中、どんないい治療を行っても、食事が粗末だとその治療が活かされない。それを身土不二. (しんどふに)という言葉で地産地消については身土不二.の考え方が根底にあるという事、そしてすべての食物が全ての方にいい訳ではなく自分の体を知って自分に合った食べ物を知る事こそが重要である。また、自分の好きなモノを食べることは大切でも食べすぎにより偏ってしまって病気になるケースも多いという事でした。

身土不二. (しんどふに):人間は先祖代々暮らしてきた土地とはきっても切れない関係にあり、生まれ育った土地に実った食物を食べる事で健康を保つことが出来るという考え

食養内科:東洋医学的な考え方が基盤となっており、それに西洋的な栄養学も加味された独特の栄養学

7月7日(金)「食と農と脳」のテーマで篠浦塾を開催

 

ナチュラルアート 鈴木社長から「農」をテーマに

業界における問題点の提起、除草剤はじめ、有機判定される農地が例えば有機農法を行っていても立地条件が道路のすぐ隣であったり旬の時期ではない作物が提供されるという事がどれだけ作物に負荷をかけて販売されているのか?

すべてにおいて100%いいという事はないものの、あまりにも情報を鵜呑みにしていいと決めつけているものが実はそうではない事例から消費者が適切な情報を把握し判断する事の重要性を解説頂きました。

7月7日(金)「食と農と脳」のテーマで篠浦塾を開催

最後に参加者からの質疑応答において講師の意見を抜粋しました。

自然ではないことは何かしらの負荷が生じている。
自然の摂理に反して無理やり変化する事が本当にいい事なのか?

一般的にジャンクフードは視床下部=魂を弱らせる原因と考えられ扁桃体が悪くなる原因がストレスと考えられる。

食べ物が荒れる事が心の荒れにつながる事もあり、食から心を整えるという考え方もできる。

児玉先生からは「食生活を正すと子供の心が落ち着く」

篠浦先生から「生命力のある食が脳にいい影響を与えるのではないか」「そして、統合医療は最初から行い、続ける事が大切」

最後に児玉先生から書籍紹介

低温スチーミング 平山一政氏

長岡式酵素玄米

篠浦先生から 健康スープ、健康食品の紹介

7月7日(金)「食と農と脳」のテーマで篠浦塾を開催